有名な短期大学『中村学園大学短期大学部』の特徴や評判、入試情報

中村学園大学短期大学部の特徴

中村学園大学短期大学部の特徴

中村学園大学短期大学部は福岡県福岡市にある私立短期大学です。有名短大として高い人気を誇っています。

中村学園大学短期大学部には食物栄養学科やキャリア開発学科、幼児保育学科の3学科で構成されています。

それぞれ質の高い教育を受けることができるのです。中村学園大学短期大学部の特徴としては、企業・地域社会・家庭などで活躍できる人材を育成することです。

また、専門性の高い教育や学生指導をしています。そして、卒業後は即戦力となることができるようにマナー教育やキャリア教育も行っているのです。

短期大学ならではの勉強をすることができるのが中村学園大学短期大学部です。有名短大である中村学園大学短期大学部は福岡で高いレベルの教育を受けることができるのです。

中村学園大学短期大学部の評判は?

中村学園大学短期大学部の評判は?

中村学園大学短期大学部は九州きっての有名短大として、高い評価を持っています。

首都圏や関西での知名度はそれほど高くありませんが、地元福岡や九州での知名度は抜群です。

中村学園大学短期大学部は食物栄養学科、幼児保育学科、キャリア開発学科の3つの学科を短期大学です。

各学科ともOB・OGが業界でしっかり活躍しており、各企業の人事部からの評判が良いことが特徴です。

OB・OGの活躍によって、在校生も就職しやすい好循環が生まれています。また、在学生の就職や資格取得に対する意識が非常に高く、就職率は毎年100%に近い水準となっています。

短期間で地元を中心とした優良企業に就職できることが評判を集めており、高校の先生から中村学園大学短期大学部への進学を進められることも少なくないようです。

中村学園大学短期大学部の入試情報

中村学園大学短期大学部の入試情報

短期大学ではトップクラスの偏差値を持つ中村学園大学短期大学部は、国内有数の有名短大と言えます。

そんな中村学園大学短期大学部の入試情報についてまとめます。中村学園大学短期大学部の入試は「公募推薦」と「試験入学」の2種類が開催されます。

公募推薦の場合は調査書評定平均が食物栄養学科と幼児保育学科では3.2 以上、キャリア開発学科では3.0 以上が求められます。 合否は小論文と面接、そして調査書で総合的に判断されます。

一方、試験入学については、食物栄養学科では国語、英語、化学、生物の中から選択した2科目の合計得点、キャリア開発学科と幼児保育学科では英語と国語の2科目の合計得点で選抜されます。

公募推薦は短期大学のキャンパスのみでの開催となりますが、試験入学は九州各県で実施されます。ちなみに、平成29年度は福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島で実施されます。