有名な短期大学『女子栄養大学短期大学部』の特徴や評判、入試情報

女子栄養大学短期大学部の特徴

女子栄養大学短期大学部の特徴

女子栄養大学短期大学部は東京都豊島区にある私立大学の短期大学部です。有名短大として全国区の知名度を誇ります。

女子栄養大学短期大学部の特徴は食物栄養学科しかないことです。食物栄養学科では食について学ぶことができます。

そして、リーダーシップのある栄養士を養成することを目指しているのです。授業の特徴としてはグループワークや実習・実験を多く取り入れることで、密度の高い授業を行っているのです。

女子栄養大学短期大学部を卒業したときに取得できる資格は栄養士や栄養教諭二種免許、フードスペシャリストなどがあります。

資格を取得することで卒業後は即戦力として働くことができるのです。女子栄養大学短期大学部は高いレベルの教育を受けることができるのです。

女子栄養大学短期大学部の評判は?

女子栄養大学短期大学部の評判は?

女子栄養大学短期大学部は、女子栄養大学にある有名短大です。

なかでも評判が高いのは食物栄養学科で、将来管理栄養士として働きたいと考えている人に向いているだけでなく、フードスペシャリストや食生活指導士、栄養教諭二種免許状といった資格を得ることが出来ます。

卒業後の進路についても栄養士としてだけでなく、公立・私立学校などの栄養教諭や食品会社、食品卸小売業、外食企業などの食品技術者といった食品業界で幅広く活躍することが出来ます。

カリキュラムはグループワークや実験・実習を豊富で、国家試験を受験するのに必要な科目も選択科目に配置していることからしっかりと栄養管理士になるための勉強をすることが出来るようになっています。

女子栄養大学短期大学部の入試情報

女子栄養大学短期大学部の入試情報

女子栄養大学短期大学部の入試情報をまとめました。女子栄養大学短期大学部は東京都豊島区にある私立短期大学です。

都内で栄養学を学ぶことができる有名短大のひとつで、偏差値は54〜55程度と、都内の私立短大入学でも高い水準となっています。

定員は160名ですが、入学試験にはいくつかの方式があり、通常の一般入試の他にも、アクティブ・ラーニング入試、公募推薦、卒業生子女推薦、指定校推薦、センター試験利用入試など、得意分野や日程に合わせて、様々な方式が選べます。

また、既卒者向けの社会人入試やキャリア入試制度もあります。試験日は9月から3月にかけて随時行われるため、大学の受験生向けホームページなどで確認が必要です。